印鑑の書体の種類

Permalink

印鑑の書体の種類についてご紹介しましょう。

篆書体の特徴は、字は縦長で、一定の文字の太さになっており、縦字が垂直で横字が水平になっていることです。また、基本的に書体は左右対称で、現在でもよく印鑑の他に書道で使用されています。特性から低い可読性で、盗用や偽造防止に非常に効果がある書体です。印鑑の書体の定番として非常に高い人気があります。

印相体は、非常に人気がある書体で、特徴としては文字が印鑑の枠に接することです。書体は中心から八方に外に流れるようなもので、吉相体、八方篆書体と言われることもあります。よく印鑑の開運用のものの書体として使用されます。低い可読性であるため、盗用や偽造防止に対しても高い効果があります。
隷書体の特徴は、波を打っているような感じの波勢と左右に払う波磔があり、横長の字になっていることです。

古印体の特徴は、特有の鋳造印にできる途切れや欠けなどの風味をベースに作成された強弱の線です。高い可読性があるため認印などに使用されています。

行書体の特徴は、線が省略されたり、連続したりしており、やわらかで流れるような書体のイメージであることです。隷書体と比較すると低い可読性になります。

楷書体の特徴は、きちんと一画ずつ書き、よく書道で使用されていることです。読みやすいため、よく認印などで使用されています。

関連資料:書体を選んでオリジナルの印鑑を購入できる専門店「いいはんこやドットコム」公式サイト

本サイトでは、印鑑の代表的な書体、印鑑に使用される書体、いろいろな書体がある、についてご紹介します。