いろいろな書体がある

Permalink

印鑑の書体はいろいろな種類があります。

紙幣篆書体は、印鑑に使用されたり、紙幣に使用されたりしているものです。
起源は中国で使用されていた大篆と言われており、籀文、篆書へと進んだ字であると言われています。
この篆書体は秦の時代に使用され、印章界においては現在でも使われています。

隷書体は、篆書体をさらに簡略化したものであると言われています。
中国において戦国時代から使われていた書体が、仕事の効率をアップするために、簡略化がさらに行われたと言われています。

古印体は、日本において昔から印鑑に使われているもので、さらに篆書体を簡略化したものが隷書体であり、さらに読みやすくしたものであると言われています。書体としては読みやすいものであるため、認印などに使われる場合が多いものです。

印相体は、篆書体が進んだもので、特徴としては枠の方向に広がっていることです。篆書体は単純なものですが、イメージとしてはどっしりとした感じがあります。よく印鑑に使用されるものです。

楷書体は、しっかり一画ずつ続けないで書かれているものです。現在においては、漢字の最も基本的なスタイルです。

行書体は、多く続けて書かれる場合があります。古代の中国においては、祭礼用の文書や公務文書に使われていたと言われています。