印鑑の代表的な書体

Permalink

印鑑の代表的な書体の種類について見ていきましょう。

印相体は、日本で篆書体をベースにして作られたものです。書体は、大きく普段使用している字を崩したもので、偽装されにくい可読性が高くないものであるため、銀行印や実印などに適しています。

篆書体は、中国の古代の秦の時期に作られたもので、日本にその後伝わってきました。普段使用している字を崩したようなもので、偽装されにくい可読性が高くないものであるため、銀行印や実印などに適しています。個人印の場合にももちろんおすすめです。

隷書体は、篆書体をベースに中国の古代の秦の時期に作られて、漢の時期に篆書体に変更して主として使用されるようになったものです。普段使用している字と似ており、可読性が低くないので、銀行印や実印には適していません。認印などとしてはいいかも知れませんが、あまり使用されることが無いものです。

古印体は、普段使用している漢字にかなり近いものです。可読性が低くないので、銀行印や実印には適していません。認印として使用される場合が多いものです。

楷書体は、現在の漢字の字形の基本的なもので、普段使用している漢字のままのものです。可読性が低くないので、銀行印や実印には適していません。会社の住所などのゴム印や認印で使用される場合が多いものです。