印鑑に使用される書体

Permalink

印鑑に使用される書体の種類についてご紹介しましょう。

篆書体は、多く銀行印・実印に使用されます。歴史のあるもので、中国の秦の時代に作られたものです。高い格調がある字は由緒正しいもので、日本の紙幣にも使用されるものです。

仕事印隷書体は、多く家庭印・仕事印に使用されます。
書体としては篆書体を簡易にしたものです。
隷書特有の線の流れは、紙が考案される以前に竹簡や木簡に書きやすくされたことによるものです。

行書体は、多く家庭印・仕事印に使用されます。
書体は楷書体から変わったもので、柔らかな感じであるため趣があります。

八方篆書体は、江戸時代より、美しくて偽造されにくく、縁起がいいはんこなどのために、篆書体をベースにして意匠化されたものです。
四角い字を丸い印面にバランスよく八方に広がるように配置することによって、安定感や重量感のあるものになり、偽造されにくく欠けにくいことなどから、優れた印章用の書体として非常に人気があります。

楷書体は、多く家庭印・仕事印に使用されます。楷書は字の見本とされており、よく馴染みのあるものです。

古印体は、日本で生まれたもので、多く家庭印・仕事印に使用されます。線の独特の流れは、趣が古雅なものです。