印鑑の書体の種類

いろいろな書体がある

Permalink

印鑑の書体はいろいろな種類があります。

篆書体は、印鑑に使用されたり、紙幣に使用されたりしているものです。起源は中国で使用されていた大篆と言われており、籀文、篆書へと進んだ字であると言われています。この篆書体は秦の時代に使用され、印章界においては現在でも使われています。

隷書体は、篆書体をさらに簡略化したものであると言われています。中国において戦国時代から使われていた書体が、仕事の効率をアップするために、簡略化がさらに行われたと言われています。

古印体は、日本において昔から印鑑に使われているもので、さらに篆書体を簡略化したものが隷書体であり、さらに読みやすくしたものであると言われています。書体としては読みやすいものであるため、認印などに使われる場合が多いものです。

印相体は、篆書体が進んだもので、特徴としては枠の方向に広がっていることです。篆書体は単純なものですが、イメージとしてはどっしりとした感じがあります。よく印鑑に使用されるものです。

楷書体は、しっかり一画ずつ続けないで書かれているものです。現在においては、最も漢字の基本的なスタイルです。

行書体は、多く続けて書かれる場合があります。古代の中国においては、祭礼用の文書や公務文書に使われていたと言われています。

印鑑に使用される書体

Permalink

印鑑に使用される書体の種類についてご紹介しましょう。

篆書体は、多く銀行印・実印に使用されます。歴史のあるもので、中国の秦の時代に作られたものです。高い格調がある字は由緒正しいもので、日本の紙幣にも使用されるものです。

隷書体は、多く家庭印・仕事印に使用されます。書体としては篆書体を簡易にしたものです。隷書特有の線の流れは、紙が考案される以前に竹簡や木簡に書きやすくされたことによるものです。

行書体は、多く家庭印・仕事印に使用されます。書体は楷書体から変わったもので、柔らかな感じであるため趣があります。

八方篆書体は、江戸時代より、美しくて偽造されにくく、縁起がいいはんこなどのために、篆書体をベースにして意匠化されたものです。四角い字を丸い印面にバランスよく八方に広がるように配置することによって、安定感や重量感のあるものになり、偽造されにくく欠けにくいことなどから、優れた印章用の書体として非常に人気があります。

楷書体は、多く家庭印・仕事印に使用されます。楷書は字の見本とされており、よく馴染みのあるものです。

古印体は、日本で生まれたもので、多く家庭印・仕事印に使用されます。線の独特の流れは、趣が古雅なものです。

印鑑の代表的な書体

Permalink

印鑑の代表的な書体の種類について見ていきましょう。

印相体は、日本で篆書体をベースにして作られたものです。書体は、大きく普段使用している字を崩したもので、偽装されにくい可読性が高くないものであるため、銀行印や実印などに適しています。

篆書体は、中国の古代の秦の時期に作られたもので、日本にその後伝わってきました。普段使用している字を崩したようなもので、偽装されにくい可読性が高くないものであるため、銀行印や実印などに適しています。個人印の場合にももちろんおすすめです。

隷書体は、篆書体をベースに中国の古代の秦の時期に作られて、漢の時期に篆書体に変更して主として使用されるようになったものです。普段使用している字と似ており、可読性が低くないので、銀行印や実印には適していません。認印などとしてはいいかも知れませんが、あまり使用されることが無いものです。

古印体は、普段使用している漢字にかなり近いものです。可読性が低くないので、銀行印や実印には適していません。認印として使用される場合が多いものです。

楷書体は、現在の漢字の字形の基本的なもので、普段使用している漢字のままのものです。可読性が低くないので、銀行印や実印には適していません。会社の住所などのゴム印や認印で使用される場合が多いものです。

印鑑の書体の種類

Permalink

印鑑の書体の種類についてご紹介しましょう。

篆書体の特徴は、字は縦長で、一定の文字の太さになっており、縦字が垂直で横字が水平になっていることです。また、基本的に書体は左右対称で、現在でもよく印鑑の他に書道で使用されています。特性から低い可読性で、盗用や偽造防止に非常に効果がある書体です。印鑑の書体の定番として非常に高い人気があります。

印相体は、非常に人気がある書体で、特徴としては文字が印鑑の枠に接することです。書体は中心から八方に外に流れるようなもので、吉相体、八方篆書体と言われることもあります。よく印鑑の開運用のものの書体として使用されます。低い可読性であるため、盗用や偽造防止に対しても高い効果があります。
隷書体の特徴は、波を打っているような感じの波勢と左右に払う波磔があり、横長の字になっていることです。

古印体の特徴は、特有の鋳造印にできる途切れや欠けなどの風味をベースに作成された強弱の線です。高い可読性があるため認印などに使用されています。

行書体の特徴は、線が省略されたり、連続したりしており、やわらかで流れるような書体のイメージであることです。隷書体と比較すると低い可読性になります。

楷書体の特徴は、きちんと一画ずつ書き、よく書道で使用されていることです。読みやすいため、よく認印などで使用されています。

関連資料:書体を選んでオリジナルの印鑑を購入できる専門店「いいはんこやドットコム」公式サイト

本サイトでは、印鑑の代表的な書体、印鑑に使用される書体、いろいろな書体がある、についてご紹介します。